郡山市総合防災訓練!ドローンを活用した情報収集訓練

2017年8月26日(土)郡山市の小山田小学校におきまして、郡山市総合防災訓練が行われ、今回福島ドローンスクールを運営する株式会社スペースワンは「ドローンを活用した情報収集訓練」の実施団体として一般社団法人日本ドローンレース協会様にご協力いただき防災訓練を行いました。

訓練内容は、校舎内に逃げ遅れた児童等がいないかマイクロドローンで各教室を見回り捜索、現地対策本部へリアルタイムで映像を伝送して行うものです。

熊谷支部長によるマイクロドローン飛行

マイクロドローン飛行中

マイクロドローンは日本ドローンレース協会の東北支部長の熊谷様、八城様がFVPで操縦し、見事3つの教室全てを捜索し逃げ遅れた方がいないことを対策本部へ報告できました。

その後、校庭ではDJI PHANTOM 4 による校舎外部からの情報収集訓練が行われました。
校庭側の校舎の2F、3F をガラス越しに飛行させ屋上も確認し捜索を完了いたしました。

現地災害対策本部前でのデモ飛行

本部テント内でドローンの機体の説明、質疑応答に対応させていただきました。

今回、郡山市の防災訓練でドローンを使用し訓練を実施できたのは初めてとのことで、とても関心をもっていただき展示ブースにもたくさんの方々に訪れていただきました。

スクール代表の小林も品川市長とディスカッションさせていただきました。

展示ブースで熊谷さんによるドローンレースの説明

FPVカメラを体験中の子供たち。

6月に南相馬市で発生した林野火災では防災ヘリで特定できなかった出火場所をドローンで発見することができたという事例もあったばかり、ドローンの防災においての活用も今後ますます増えていくことが期待されます。

受講検討の方はまずは説明会へ

無料説明会へ申し込む
Copyright 2017 福島ドローンスクール|JUIDA認定