キーワードは「ロボットテストフィールド」、「農業」「測量」、「ドローングラファー」!第3回福島ドローンサミット開催報告!

3/17(土)に郡山市のビッグアイにて第3回福島ドローンサミットを開催いたしました!

サミットには約100名の方に参加していただきました。

初めに当スクール代表の小林より開会の挨拶をさせていただきました。


来賓には 田村市の皮籠石副市長 と 郡山市の品川市長 にお越しいただきました。

初めに南相馬市役所経済部総括参事 兼 商工労政課ロボット産業推進担当課長 兼 企業誘致担当課長 神沢 吉洋氏 に「南相馬市のドローンの仕組みと新産業拠点について」
をテーマに南相馬市の震災からの歩みやロボット・ドローンによる取り組みの紹介、福島ロボットテストフィールドを中心とした今後の展望等をご講演いただきました。

続いて株式会社スカイマティクス セールスマネージャー 室矢 昌樹 氏には「空から無限の情報を。~スカイマティクスが描く次世代農業」をテーマにドローンを活用した農薬散布や生育診断、病害虫等の異常の検出などのスマート農業についてをご講演いただきました。

最後にトライポッドワークス株式会社 代表取締役社長 佐々木 賢一 氏 に「ドローングラファーと言う新しい職種の誕生」をテーマに、自身で撮影・編集した動画の紹介やドローングラファーについて、ドローンを撮影に使用することの利点等をご講演いただきました。


講演の後には慶應義塾大学SFC研究所 政策・メディア特任助教 南 政樹 氏をファシリテーターに、講演者3名をパネラーにパネルディスカッションも行いました。
「人材」、「マインドシフト」、「チャレンジ」の3つのテーマを題材に各々の立場からの意見を述べていただきました。


サミット終了後には郡山ドローンパークにてドローン夜間飛行練習会「夜ド」も開催し、滅多に練習できない夜間の飛行を楽しんでおられました!

福島民報社の記事

福島民友の記事

今回のサミットでは

「いろんな角度からドローンの有用性を知り、益々興味関心が高まった。」

「色々な今後を考える材料となる意見と聞けたので大変良かった。」

「パネルディスカッション大変参考になりました。「人材 マインドシフト チャレンジ→未来を創る」
ドローンに限らずいろいろな工夫で考えるべきと思います」

「更なる発展が期待出来るドローンをますます楽しんでいきたい」

等のお声をいただくことが出来ました!

次回もドローンサミットを開催予定ですので、是非またお越しください!
ご参加ありがとうございました!

受講検討の方はまずは説明会へ

無料説明会へ申し込む
Copyright 2018 福島ドローンスクール|JUIDA認定