南相馬市北泉海水浴場で瓦礫調査の実証実験を実施いたしました!

令和元年5月15日、南相馬市にある北泉海水浴場で東日本大震災時に生じた瓦礫の有無を調査する実証試験を行いました。

 

今回の実証試験は、南相馬市から北泉海水浴場が震災以来約9年ぶりに海開きするということで、

水中ドローンGladius miniで瓦礫の有無の調査をしていただきたいとの依頼があり、今回の実施に至りました。

 

先月、Jヴィレッジで開催したGladius campの参加企業2社にも協力していただき、3社で合計10名での実施となりました。

 

海に出てみるとうねりが大きく、船が揺れに揺れ、ダウン者が続出…。

操縦者は、タブレットを見るために下を向いているので、余計に…。

 

当初の予定では、午前午後に分けて実施予定でしたが海の状況が悪かったため、午前中で切り上げました。

 

海水浴場から、沖に約100mほどの地点で行いました。

北泉海水浴場はサーフィンのスポットとして有名な場所ということもあり、水深は5m程の場所でしたが、海底でも水の流れが強く、

操作が難しくもありましたが、今回実施したポイントでは瓦礫と思わしき物は確認できませんでした。

 

海中では魚をとらえることができました。フグや大きな魚影も…。

 

今回、大変貴重な経験をさせていただき、南相馬市の職員の方にも大変満足いただくことが出来ました。

今後も水中ドローンで震災関係の調査等、復興にも貢献できるよう尽力していきたいと思います。

 

関係者の皆様、ありがとうございました!

受講検討の方はまずは説明会へ

無料説明会へ申し込む
Copyright 2019 福島ドローンスクール|JUIDA認定