第2回福島ドローンサミット

福島県では平成30年度にロボットテストフィールドの竣工を皮切りに世界に発 信できるロボットの産業拠点の集積をはかっており、福島県内ドローンに関する取組がさまざま報道されています 。 もっと福島県内でドローン活用の周知がされ、ユーザーが交流できるような場を提供するべく、このサミットを企画します。

開催日時 2017年11月18日(土)14:30~17:30 (受付14:00~)
定員 1部講演会:150名  2部懇親会:80名(有料)
※2部参加の方向けに1部の講演会の優先席をご用意予定です(席に限り有り)。
開催場所 【講演】郡山市労働福祉会館 大ホール
福島県郡山市虎丸町7-7
※駐車場は開場の無料駐車場をご利用ください。満車の場合はお近くの有料駐車場をご利用ください。
【懇親会】郡山ビューホテルアネックス
1部講演参加費 無料
2部懇親会参加費 一般:6,000円(税込)
福島ドローンスクール受講・修了生、関係者:5,000円(税込)
※事前銀行振込制となっております。ご協力お願い致します。
タイムスケジュール

1部

14:00~14:30 受付
14:30~ 開会挨拶、来賓紹介 司会 佐々木桃子
14:40~14:55 講演1「福島ロボットテストフィールドの整備とドローンの産業化」
福島県商工労働部 ロボット産業推進室 室長 北島明文氏
福島県では、福島イノベーション・コースト構想に基づき、ドローンを産業分野として成長させることに取り組 んでいます。今回は、ドローンの開発実証フィールドである「福島ロボットテストフィールド」の紹介、福島県 内のドローンの産業化状況、国内の規制動向についてお話します。
lecturer_photo01
15:00~15:15 講演2「ドローン前提社会」
慶應義塾大学SFC研究所 政策・メディア特任助教 南 政樹氏
我々はドローンが日常生活に当たり前の存在として活躍する社会をドローン前提社会と位置づけています。 その実現には、技術的進歩だけでなく、受け入れられるように社会も進歩しなければなりません。 今回の講演では、ドローン前提社会がどのような近未来で、現代ではどのような研究が行われているのか、事例 を交えてご紹介します。
南 政樹
15:20~15:35 講演3「FSGカレッジリーグドローン人材育成プロジェクト」
FSGカレッジリーグ 常務理事 双石 茂氏
FSG5校60学科の中で、ドローン活用が期待される8学科(公務員・観光・CG・グラフィック・情報・電 気・放射線・救急救命)を選定、基礎習得から応用までのオリジナルカリキュラムによる全国の教育機関に先駆 けた人材育成の取り組みを紹介。
双石 茂
15:40~15:55 講演4「ドローンタイムズへの招待状」
ドローンタイムズ副編集長・村山 繁(むらやま・しげる)氏
1988年産経新聞入社。キャリアの中心は経済記者。新規事業担当、人材育成事業担当などを経て、2016 年8月、ドローンタイムズ創刊に伴い副編集長に就任。現在、取材、執筆、編集でドローンとそこに集う人々を 追いかけている。福島、郡山は最多訪問地のひとつ。
村山 繁
16:00~16:20 講演5「ドローンはソーシャルツール!今出来る、いずれ出来るこんなこと」
(株)エンルートM’s 東京支社 宇田 丞氏
エンルートM’sはこの福島で、エンルート製ドローンの完成組み立てと全国への販売を行っています。 測量やインフラ点検、農業用等の量販機体とともに、国内設計・開発による強みを活かし、オンリーワンの特殊 機体の開発、そして、今後搭載されるAI機能によって、ドローンを含む「自動制御で動くもの」すべてに挑戦 していきます。
宇田 丞
16:20~16:30 休憩
16:40~17:30 パネルディスカッション・質疑応答
ファシリエータ:慶應義塾大学SFC研究所 政策・メディア特任助教 南 政樹氏
パネラー:当日の講演者、トライポッドワークス 代表取締役 佐々木賢一氏
17:30~17:40 閉会
司会進行
ドローンの魅力を発信する女子チーム代表 佐々木桃子
自身で立ち上げた”ドローンジョ×地方創生”をメインに講演など多岐にわたり活動。
ドローンの魅力を発信する女子チーム 公式ウェブサイト
lecturer_photo05
主催者代表
株式会社スペースワン代表取締役/福島ドローンスクール代表 小林康宏
各種制作事業、マーケティング、ITを用いた事業開発、業務改善に従事。震災後、東邦銀行様と福島県産品通販事業を企画、運営し福島県内では最大級の通販となる。2015年にドローンの可能性に気づき啓蒙活動を始める。自らもJUIDA操縦士、安全運航管理者、講師の資格を持ち、またDJIインストラクターのライセンスも保有。慶応SFC研究所の研究員としても活動し、地方の課題をドローンで解決すべく活動中。
lecturer_photo05

2部

18:30~20:30
(受付18:00~)
懇親会 郡山ビューホテルアネックス
講演者、またドローン関係者による交流を目的とした懇親会を予定しております。
※詳細は決まり次第、WEB、または参加者へご連絡いたします。
主催 株式会社スペースワン(福島ドローンスクール)
共催 郡山市、FSGカレッジリーグ
後援 福島県(予定) 田村市 東邦銀行
福島民報社(予定)/福島民友新聞社(予定)/福島テレビ(予定)/福島中央テレビ(予定)/福島放送(予定)/テレビユー福島(予定)/ラジオ福島(予定)/ふくしまFM(予定)

以下からお申込みください。
サミットや翌日のSTUDYのみの参加も可能です。
定員になり次第、募集を締め切らせていただきます。

必須属性
必須11月18日(土)について
必須11月19日(日)について
(福島ドローンサミットSTUDY)

▼「参加する」を選択した方はご希望の講座にチェックを入れてください。
有料講座、無料講座がありますのでSTUDYページにてご確認お願い致します。

講座名 学生 福島DS,関係者 一般
1部講演会 無料 無料 無料
2部懇親会 5000円 5000円 6000円
カメラの基礎講座 無料 2000円 3000円
映像編集講座 無料 3000円 5000円
ドロンソン(午前の部) 無料 1000円 2000円
ドロンソン(午後の部) 無料 1000円 2000円
防災現場でのドローンの活用法 無料 無料 1000円
建設現場での安全運航について 無料 1000円 2000円
ドローンプログラミング 1組:20000円(機体持込6000円)
ドローンスター体験 無料

※同時刻の受講を同時選択の場合は講座申込致しかねますのでご注意ください。
※申込後、1週間以内にメールにて請求書送付します。入金確認後申込完了となります。

必須名前
必須フリガナ
必須年齢  歳
会社名
役職
必須メルアド
請求先
領収書の有無
※受付にてお渡しします。
ご紹介者がいればご記入ください
備考
事前に質問などあればお書きください。
親子参加の場合は同伴者の名前年齢などもご記入ください。

福島ドローンスクール運営会社(株式会社スペースワン)の「個人情報の取り扱いについて」をお読みいただき、
「同意する」にチェックの上内容確認画面へお進み下さい。

お申込み後の流れ

1部のみ申込
↓
メール受信
※参加受付メールが自動で送信されます。
届かない場合は、迷惑フォルダなどご確認ください。
↓
1部受付完了
1部2部申込
↓
メール受信
※参加受付メールが自動で送信されます。
届かない場合は、迷惑フォルダなどご確認ください。
↓
懇親会のお振込
※懇親会費を事前にお振込お願い致します。キャンセルは返金致しかねますのでご注意ください。
※振込手数料はご負担ください。
↓
1部、2部受付完了
※受付にてお名刺を1枚お渡しください。
※領収書を受付にてお渡しします。
STUDY申込
↓
メール受信
※有料講座申込の場合は請求書をメールにておくります。
※無料対象の場合は請求書は送りません。
↓
参加費のお振込
※参加費を事前にお振込お願い致します。キャンセルは返金致しかねますのでご注意ください。
※振込手数料はご負担ください。
↓
入金確認後受付完了
※受付にてお名刺を1枚お渡しください。
※領収書を受付にてお渡しします。

受講検討の方はまずは説明会へ

無料説明会へ申し込む
Copyright 2018 福島ドローンスクール|JUIDA認定