福島ドローンスクールについて

まずは100人の
ドローンパイロット育成を目指す!

福島ドローンスクールは、2015年10月よりスタートしたJUIDA認定制度に基づいた「認定スクール」です。 ドローン産業の健全な発展のために、無人航空機の安全に関わる知識と、高い操縦技能を有する人材の養成を行います。また修了者にはJUIDAの操縦技能証明証および安全運航管理証明証を授与します(スクール修了後に修了者からJUIDAへの申請が必要)。 福島ドローンスクールでは無人航空機の仕組みや関連法令、安全に運航するための管理などの座学と、ドローン実機を用いた実技講習を通じて操縦士・完全運行管理者を習得できます。
今日のドローンはGPSなどの制御を用いて安定して飛行可能なデバイスが搭載された機体が多くを占めますが、ドローン事故の9割はヒューマンエラーと言われております。本スクールではドローンの墜落事故がこのような安定デバイスが使えない状態で発生しやすいことに注目し、実技講習では安定デバイスを使わないモードや機体で安全に飛行・離発着ができる実習を通して指導を行う予定です。本スクール代表の小林はJUIDA認定第一号のスクールにてライセンスを取得し首都圏ドローン業界のネットワークを持っております。そのネットワークを活かした講義や安全に飛ばすドローンの操縦実習があるカリキュラムを予定しております。
本スクールはドローンを既にビジネスに活用している企業だけではなく、ドローンを扱ったことのない初心者でも受講可能なカリキュラムを予定しております。  

一般社団法人日本UAS産業振興協議会(通称:JUIDA)について

無人航空機システムの民生分野における積極的な利活用を中立な立場で推進する団体です。 主にUASの応用技術の研究開発、安全ルールの研究、人材育成、環境整備に努めUAS関連の新たな産業・市場創造、健全な育成と発展に寄与します。航空工学の権威である東京大学大学院教授の鈴木真二氏が理事長。
http://uas-japan.org/

JUIDAの免許について

JUIDA無人航空機操縦士 無人航空機を安全に飛行させるための知識と操縦技能を有する者
JUIDA安全運航管理者 無人航空機の運航に関わる十分な安全と法律の知識を有し、飛行業務の安全を管理する者

講師/スタッフについて
受講場所/実習施設について

受講検討の方はまずは説明会へ

無料説明会へ申し込む
Copyright 2017 福島ドローンスクール|JUIDA認定