福島ドローンスクールの講師を紹介します。

ドローン産業を担う人材育成と新規雇用創出
ドローンの利活用は、様々な分野の産業を振興していくことが期待される反面、報道やニュースの通り、安全面に対する課題も多く指摘されています。
福島のドローン産業を発展さ焦るためには、ドローンに関する正しい知識と操縦技能を有したプロフェッショナル人材育成が必要だと考えています。
人材育成を行いながら新規雇用創出、ドローン産業に寄与していきます。

講師の紹介

小林康宏

専任講師

当スクールの代表。郡山出身。東京と福島を行き来しITを中心に様々な業務に携わる。
JUIDAの操縦士、安全運航管理者を取得し認定講師の資格を有する。慶応SFC研究員。

鴫原 力三

専任講師

消防官歴41年。その中で消防大学校へ救助科と航空科の2回入校。また、消防防災航空隊へ副隊長・隊長で3年間派遣される。

大和田廣中

専任講師

元消防官。様々な資格を有しており、消防の経験、知識を活かしドローンの人材育成にあたる。

井東恭彦

非常勤講師

WEB・印刷物・映像制作を中心とする制作会社代表。
様々な業種、環境で働いてきた経験も活かしつつ、ドローン活用の可能性の探求と人材育成に取り組む。

小林幸平

専任講師

起業家とテクノロジーのサポートをする弁護士。弁護士としてビジネスサポートをするほか、セミナーを数多く行っており、その講義は受講生から好評を得る。

佐々木桃子

非常勤講師

自身で立ち上げた”ドローンジョ×地方創生”をメインに講演など多岐にわたり活動。

渡邉 秋男

客員講師

システム開発およびウェブ制作の会社を経営。ドローングラファーとして全国200カ所以上の撮影、2000フライトの経験を持ち、映像作品はフランス国営テレビやNHKをはじめ世界から評価を得ている。

当校について
受講場所/実習施設について

受講検討の方はまずは説明会へ

無料説明会へ申し込む
Copyright 2017 福島ドローンスクール|JUIDA認定